投与方法

縦縞の猫

フィラリアというのは自覚がない病気ですし、発症するまで時間がかかる非常に恐ろしい病気です。怖い病気であることには間違いないのですが、しっかりと予防をしていれば怖くはありません。フィラリア予防に効果のあるストロングハートというお薬をしっかりと投与していればフィラリア感染をすることもなく、愛犬に長生きしてもらうことが可能です。
「投与するだけでいいんでしょ?」と軽く考えている人もいるかと思いますが、用法用量を守らなければ効果は最大限に発揮しません。しっかりと愛犬を守るためにもストロングハートの正しい使い方を知っておきましょう。

ストロングハートというのは、1ヶ月に1回、1つを犬に投与します。投与の方法はおやつとして食べさせても良いですし、ドッグフードに混ぜても良いです。ストロングハートはミート味なので犬は喜んで食べてくれます。ただ、ここで気をつけてほしいことがあります。それは、食べる際に「よく噛むこと」です。なかなかペットに理解してもらうのは難しいことですが、あまり噛まないという癖がある犬には細かく砕いて投与しましょう。
ストロングハートを投与する上で大切なことは1ヶ月に1回、等間隔に与えることです。フィラリアの幼虫というのは、ペットの体に侵入してから2ヶ月かけて動きます。そのため、1ヶ月感覚で投与していれば体内にフィラリアの幼虫が侵入しても駆除が可能ということです。そのため、必ず和ずれないようにすることが大切です。毎月◯日というように決めて、カレンダーに書き込んでおくと忘れる心配もありません。